地域
新型コロナウイルス感染症

濃厚接触者の家族に宿泊支援 沖縄・沖縄市 1人5千円

沖縄市役所

 【沖縄】沖縄市は13日、新型コロナウイルスの感染者の濃厚接触者と同居する家族が市内のホテルなどで滞在する際の宿泊費支援事業を開始した。市が1人当たり上限1泊5千円を宿泊施設に支給する。市によると、県内初の取り組み。

 市は市内の複数のホテルと協定を結び、対象者の入所を促すことで家庭内での感染予防と感染に対する不安解消を図る。対象者は市内に居住し(1)感染者の濃厚接触者と判定された人と同居する家族(2)保健所から濃厚接触者と判定されていない(3)発熱などの新型コロナの症状がない―の全てに該当する人。

 利用期間は濃厚接触者の自宅待機が終了するまでの最大14日間で、宿泊施設から通勤や通学も可能。問い合わせは市民健康課(電話)098(939)1212(内線2262、2264)。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス