スポーツ

照喜名、大城がプロ志望届提出 沖縄出身、宮崎・小林西高

(左から)照喜名洸希、大城雄一郎

 日本高野連は19日までに、宮崎県・小林西の照喜名洸希(金武小―金武中出)と大城雄一郎(翔南小―南星中出)がプロ志望届を提出したと発表した。

 照喜名は身長179センチ、体重84キロの右投げ右打ちの投手。金武町出身。公式戦の最速記録は145キロでスライダーやカーブ、スプリット、チェンジアップを操る。直球で押して変化球で討ち取る。気迫のピッチングが持ち味でリリーフ起用が多い。中学は外野手として活躍し強肩を買われて高校から投手に転身した。

 大城は身長168センチ、体重74キロで、右投げ左打ち。南風原町出身。1年夏からベンチ入りし、二塁手として活躍し、本年度から遊撃手を務めた。広角に打つ器用なバットコントロールを兼ね備え公式戦で本塁打3本を放つなど、長打力が自慢の好打者。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス