社会

最大瞬間風速70メートル予測 台風9号、旧盆最終日まで暴風も【8月29日夕】

気象庁が発表した台風9号の予想進路図(29日午後6時現在)

 気象庁によると、台風9号は29日午後3時現在、フィリピン東の海上の北緯16度50分、東経129度25分にあって、ほとんど停滞している。今後北上し、31日から9月1日にかけて非常に強い勢力で沖縄地方に接近する見込み。気象庁や沖縄気象台は、暴風や高波、大雨、高潮に厳重な警戒を呼びかけている。また、台風の進路によっては、沖縄本島地方は9月2日の旧盆最終日「ウークイ」も暴風となるおそれがあるという。

 午後3時現在の中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。31日午後3時には那覇市の南約280キロ付近に達し、非常に強い台風になる見込み。中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルと予想されている。

 31日の最大風速は次の通り。沖縄本島地方:30~40メートル(最大瞬間風速40~60メートル)▽宮古島地方:25~29メートル(同35~45メートル)▽八重山地方:20~24メートル(25~35メートル)▽大東島地方:20~24メートル(同25~35メートル)。

 31日午後6時までの24時間に予想される雨量は、沖縄本島地方の多い所で、100~150ミリの見込み。9月1日にかけてさらに雨量が増えるおそれがあるという。

 台風の接近と大潮の時期が重なるため、沖縄本島地方では31日から9月2日にかけて潮位が高くなる見込み。気象庁は海岸や河口付近の低地での高潮による浸水や冠水に警戒や注意を呼びかけている。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス