社会

台風9号が北上始める 2日後には久米島付近、住宅倒壊の恐れも【8月30日夕】

気象庁が発表した台風9号の予想進路図(30日午後6時現在)

 気象庁によると、強い台風9号は30日午後、ほぼ停滞した状態を脱し、沖縄方面へ北上を始めた。午後6時にはフィリピンの東海上をゆっくりした速さで北へ進んでいる。台風は発達しながら沖縄の南を北上し、31日から9月1日にかけて非常に強い勢力で沖縄地方に接近。最大瞬間風速70メートルの暴風を伴いながら久米島をかすめる形で通過するとみられる。

 午後6時現在の中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで中心から半径95キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。48時間後の9月1日午後3時には、久米島の北西約140km付近に達するとみられる。中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速50メートル、最大瞬間風速は70メートルと予測されている。

 一部の住宅などで倒壊するおそれもあるレベルの猛烈な風が吹くおそれがある。また、沖縄地方では31日夕方から1日にかけて、奄美地方では31日夜遅くから1日にかけて海はうねりを伴った猛烈なしけとなる。

 沖縄地方で31日にかけて予想される最大風速は、35メートル(最大瞬間風速50メートル)、9月1日は、40~50メートル(最大瞬間風速55~70メートル)。31日にかけて予想される波の高さは、13メートル、9月1日は13メートル。9月1日午後6時までの24時間に予想される雨量は、沖縄地方の多い所で、200~300ミリと予想される。

 台風は沖縄近海を通過した後は次第に進路を東寄りに変えて、2日から3日にかけて西日本に接近するおそれもある。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス