社会

台風9号、夜から暴風さらに強まる 猛烈な雨「息苦しくなる」レベル【8月31日午後3時】

31日午後2時現在の台風9号の進路予想図(気象庁HPより)

 大型で強い台風9号は、31日正午には沖縄の南にあり1時間におよそ30キロの速さで北北西へ進んでいる。中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径150キロ以内は風速25メートル以上の暴風となっている。沖縄気象台は同日午後、沖縄本島地方、宮古島地方に暴風警報、本島中南部に高潮警報を発表した。

 本島地方、宮古島地方では31日夜の初め頃からさらに風が強まり、最接近する9月1日には家屋が倒壊するほど猛烈な風になる恐れがある。沖縄気象台は「風が強まる前に頑丈な建物の中に移動し、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒を」と呼び掛けた。

 また、沖縄本島地方では、31日から9月1日にかけて多い所で1時間に80ミリの猛烈な雨が降る見通し。1時間に50~80ミリは「非常に激しい雨」で滝のように降る雨、1時間に80ミリ以上は「猛烈な雨」で息苦しくなるような圧迫感があるとされる。

 県内では午後に入り、学校の臨時休校、バスや航空便の運休、小売店や役場の休業が相次いでいる。多くの市町村が避難準備を呼び掛けて避難所を設置したほか、那覇市は午後1時半、高潮浸水危険度が高い一部地域に避難勧告を出した。

 台風は発達しながら非常に強い勢力で沖縄地方に接近し、9月1日午前9時には久米島の西北西約80キロで中心気圧935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルとなる見込み。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス