社会

旧盆ウークイ「来年は一緒に」 沖縄県外親族とオンラインでつなぐ

スマートフォンで同席していない親族に中継しながらウチカビを燃やす徳門ツネさん(中央)と家族=2日午後7時すぎ、うるま市勝連平敷屋(新里圭蔵撮影)

 【うるま】旧盆で帰ってきた先祖をグソー(あの世)に送る「ウークイ」が2日夜、県内各地であった。うるま市勝連平敷屋の徳門ツネさん(86)宅では、台風9号や新型コロナウイルスの影響で帰省できなかった親族とインターネットを利用したテレビ電話で結び、実施した。あの世の紙幣「ウチカビ」を燃やす様子などを画面を通して見守り、先祖を新しい形で送り出した。

 午後7時、仏壇に向かって手を合わせた。2月に三男の等さんを亡くした徳門さんは「私は長生きしようね」と優しく声を掛けた。東京や千葉など4都県と中継を結んだ。

 ウチカビを燃やし始めると、千葉在住の徳門さんのひ孫・下地乃愛ちゃん(3)が「のあもそれを燃やしたい」と言うと、一同が和やかな笑いに包まれて「来年は一緒に燃やそう」と誓い合った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス