社会

防災相「空振りを恐れず命を守る行動を」 台風10号接近で声明

国民に対して警戒を呼び掛ける武田良太防災担当相=4日、内閣府

 【東京】武田良太防災担当相は4日午後、台風10号の接近を受けて会見し、「空振りを恐れず、積極的に自らの命を守る行動をとってほしい」と、国民に対して警戒を呼び掛けた。

 会見に先立ち政府は台風接近に関する関係閣僚会議を開催。安倍晋三首相は安全確保のための呼び掛けを行うよう指示した。

 武田大臣は自治体の首長に対して避難勧告などを早めに出すよう求めた。新型コロナウイルス感染症が収束しないなか、避難所における3密回避策や、宿泊施設の活用も含めできるだけ多くの避難所を確保するよう求めた。 【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス