経済

台風10号の被災者向け 復興支援へ融資 沖縄県内の金融機関

 台風10号の被害を受け、県内地銀3行と沖縄振興開発金融公庫は7日、災害の被害を受けた法人や個人、個人事業主の相談窓口を設置した。琉球銀行は被災した事務所や農業用ハウス、住宅などの修繕や自家用車の修理などの融資について所定金利より優遇する。

 沖縄銀行は「自然災害復旧支援資金」の対象に台風10号を追加指定し、50万円以上2千万円以内を特別金利で融資する。

 沖縄海邦銀行は無担保が50万~500万円、有担保と信用保証付きが100万~8千万円の融資枠で特別金利を設定する。

 沖縄振興開発金融公庫は台風10号で被災した事業者を対象に、融資や返済方法変更の相談を受け付ける。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス