地域

エイサー音曲、軽トラで流し道ジュネー 名護市・瀬嵩区青年会

軽トラでエイサー曲を流して回る瀬嵩区青年会のメンバー=2日午後8時、名護市瀬嵩区

 【名護】名護市瀬嵩区青年会(比嘉綱紀会長)は旧盆のウークイに当たる2日、軽トラにスピーカーを載せ、エイサー音曲のみでの道ジュネーを行った。

 新型コロナウイルス禍と台風9号通過後の影響で、例年行ってきた各家を回るエイサー道ジュネー、区民が楽しみにしていた盆踊りも中止となった。中学生や高校生も動員して区の芸能・文化の継承に取り組んでいる青年会は、せめて音曲だけででも景気付けようと、録音したエイサー曲を流しながら区内を練り歩いた。区民は、自宅前で拍手や手を振りながら出迎えた。

 毎年、夜半まで続くエイサーも今年は早々に「店じまい」となった。今回参加したメンバー全員が「来年は今年の分まで盛り上げてムラのみんなを元気にしたい」と口をそろえた。

(嶺井政康通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス