スポーツ
釣りへ行こう

陸からルアーで25キロGT(ロウニンアジ)

8月25日、中部東海岸で125センチ、25.5キロのロウニンアジを釣った湖城廣希さん

 ルアーマン憧れのGT(ロウニンアジ)だが、ショア(陸)から釣り上げた経験のある人は少ない。小学生の頃から釣りを始めた湖城廣希さんは大学生になってからは、ルアー釣りにハマっている。1年ほど前から10キロを超えるオニヒラやロウニンを狙っていたがヒットすら無かった。

 釣り仲間と2人で8月25日の日中は川でミキイューを釣って楽しみ、夕方から大物を狙ってみようと中部東海岸の河口へ様子を見に寄った。すると対岸でボラが大物に追われているのを発見。急いでルアーを投げては底近くを引くイメージでリールを巻いてを30分繰り返していると、ガツンとした手応えと同時に水飛沫が上がり、大物がヒット。掛かった魚は川上に向かってものすごい勢いで走ったので、湖城さんも魚の走りに合わせて走った。

 しばらくすると橋の近くまで走られたので、魚の向きを変えたいが、バス用のタックルなので無理はできない。手でスプールを押さえながら、ラインが切れるギリギリのテンションを掛けて、魚の向きを変えることに成功。川下に魚を誘導しながら、仲間に大物が釣れたことを知らせた。ヒットしてから7分ほどのやり取りで、釣り仲間が差し出した大型のタモ網に収まったのは125センチ、25.5キロのGT(ロウニンアジ)で、湖城さんにとって初のGTだった。目標の10キロを倍以上も上回る大物だった。

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


9月3日、8月22日に続いて名護海岸で133.5センチ、33キロのロウニンアジを釣って自己記録を更新した城間憲也さん

8月22日、安謝海岸で45センチ、1.28キロのトカジャーを釣った比嘉一歩さんと悠斗君


8月13日、座間味島で72.5センチ、5.2キロのタマンを釣った新里陸都さん

9月7日、中城海岸で70センチ、4キロのタマンを釣った又吉拓真さん


8月22日、知念海岸で70.5センチ、7.4キロのマクブを釣った玉城淳也さん

8月29日、中城海岸で58.8センチ、2.67キロと61センチ、2.71キロのタマンを釣った許田勇次さん


8月28日、知念沖で54センチ、2.1キロのアカジンを釣った東城崇志さん

9月3日、石垣島登野城漁港で沖縄県記録の81センチ、6.16キロのコロダイを釣った仲道行生さん


8月19日、那覇海岸で75センチ、1.5キロのマクブを釣った下地秀明さん

8月5日、那覇海岸で95.5センチ、4.25キロのカマスを釣った玉木佑さん


釣りへ行こう

渡名喜沖、9キロのカッポレ

2020年10月23日 17:25

海の暴れん坊マンビカー

2020年10月16日 16:55

強烈な引きのカースビー

2020年10月9日 18:31

「本部釣り筏」にぎわう

2020年10月2日 16:26

一晩でロウニンアジ3匹

2020年9月25日 16:00

奥沖で五目テンヤ釣り

2020年9月18日 17:49
関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス