社会

竹富漂着「本院の所有」 台湾、兵器研究機関が発表

竹富島の海岸で発見された標的用無人機とみられる物体=9日、同島の美崎海岸

 【竹富島=竹富】竹富町竹富島の北側にある美崎海岸で軍事訓練などの標的用無人機とみられる物体が見つかった件で、兵器の研究や開発を行う台湾の中山科学研究院は11日、プレスリリースを公開した。同研究院は「本院が所有しているものだと判断した。軍事的な装備を搭載していない」と説明した。

 同院は「先日訓練した後に海に墜落し、天気の影響で日本海域に漂流した」とした上で、手続きを踏まえて処理作業を進めるとした。

 町防災危機管理課によると、台湾の関係者から「自分のところの物ではないか」との連絡を10日に受けたという。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス