政治

西原町長選きょう投開票 副町長経験者の新人一騎打ち

(左から)小橋川明氏 崎原盛秀氏

 【西原】任期満了に伴う西原町長選が13日投開票される。無所属新人で前副町長の小橋川明氏(68)=社民、共産、社大、国民、立民、れいわ推薦=と、同じく無所属新人で元副町長の崎原盛秀氏(63)の2人が立候補し、町財政の健全化などを争点に選挙戦が繰り広げられてきた。午後10時半ごろまでに当落が判明する見込み。

 当日有権者数は2万7488人(男性1万3697人、女性1万3791人)。期日前投票は12日までに有権者の19・39%に当たる5330人が投票した。

 小橋川 明氏(こばしがわ・あきら) 1952年5月25日生まれ。町兼久出身。沖縄国際大卒。町企画政策課長、総務部長、町教育長などを歴任。2016年から20年6月まで副町長を務めた。

 崎原 盛秀氏(さきはら・せいしゅう) 1957年4月10日生まれ。町小波津出身。沖縄大卒。町建設部長などを歴任。2012年から16年まで副町長。18年の町議選で初当選し20年3月に町議を辞職した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス