経済

コザ信金マスコット「信ちゃん」 エイサー版が誕生 通帳やキャッシュカードに

エイサーデザインの「信ちゃん」をPRするコザ信用金庫総合企画部の伊藤幸太推進役(左)=16日、沖縄市のコザ信用金庫本店

 【沖縄】コザ信用金庫(金城馨理事長)は16日までに、全国の信用金庫で使われるマスコットキャラクター「信ちゃん」の沖縄ご当地版として、エイサー姿のデザインを制作した。10月から順次、通帳やキャッシュカードなどに取り入れる。

 新たなデザインは信ちゃんが頭にマンサージを巻き、打ち掛け、脚半を着けて太鼓を手に踊っている。大太鼓に同金庫の社章を配置した。

 仲座克啓総合企画部推進担当次長は「エイサーのまちコザの認知度を高め、コザ信金を身近に感じてほしい。コロナ禍だが明るい話題になれば幸いだ」と話した。

 コザ信用金庫によると「信ちゃん」は1959年に近畿地区信用金庫協会で制作され、60年以降に全国の信用金庫で使われた。

 各地の信金でご当地版が制作されている。問い合わせはコザ信用金庫(電話)098(932)4711。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス