社会

辺野古設計変更「意見書の提出を」 有志ら「道の駅ぎのざ」で呼び掛け

設計変更承認申請書に意見書を送るよう呼び掛ける人々=21日、宜野座村の「道の駅ぎのざ」前

 【辺野古問題取材班】名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が県に提出した工事の設計変更承認申請書に対して意見を募る「告示・縦覧」を巡って、基地建設に反対する有志の人々が21日、宜野座村の「道の駅ぎのざ」前で県に意見書を送るよう呼び掛けた。

 意見を受け付ける県土木建築部海岸防災課の宛先を記した特製はがきなどを、訪れた行楽客らに配布した。沖縄平和運動センターの山城博治議長は「設計変更承認申請に知事がノーと言えば工事が止まる。意見書を送って、知事がノーと言える世論をつくっていこう」と訴えた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス