社会
新型コロナウイルス感染症

沖縄、2日連続で新規感染20人 10歳未満も1人 4連休の影響は「まだ判断できない」

 県は27日、新たに20人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち10歳未満が1人、70代以上が3人だった。累計感染者数は2427人となった。米軍関係者の新規感染の発表はなかった。
 感染者数20人は26日に続いて2日連続となった。県の糸数公保健衛生統括監は「人の移動が活発化しているため、感染者が増加傾向にあると考えられる」と述べた。19~22日の4連休の影響について「(新たに感染した)20人の中には連休前や連休中に発症した人も含まれているため、現段階で影響が出たとは判断できない。引き続き動向を注視したい」と話した。
 感染した20人のうち、11人は家族や友人などからの接触感染だった。那覇市の医療関係者の女性と、うるま市の介護士の女性(いずれも50代)は、家族内感染だった。
 飲食店などの感染は確認されていない。
 糸数統括監は「市中感染に加えて家族内感染も増加している。濃厚接触者は2週間、人との接触を避けてほしい」と呼び掛けた。
 人口10万人当たりの直近1週間の新規感染者数は5・01人で、東京に次いで全国2番目だった。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス