スポーツ

徳本が走り高跳び2位 陸上の日本選手権、初の表彰台

徳本鈴奈

 新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで1日に開幕した陸上の日本選手権で、女子走り高跳びに出場した徳本鈴奈(那覇西高―福岡大出、友睦物流)が1メートル75を跳び、2位入賞を果たした。同大会では自身初の表彰台となった。

 1位は1メートル78を跳んだ津田シェリアイ(築地銀だこAC)で、徳本は竹内萌(大東文化大)と並び2位だった。徳本は「平均で1メートル80は跳べるようになりたい」と成長を誓った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス