スポーツ
釣りへ行こう

「本部釣り筏」にぎわう

9月22日、本部釣り筏でタマンやミーバイ、ジャンボグルクマーなどを釣った星川ありささん

 9月19日から22日までの4連休の最終日に「本部釣り筏(いかだ)」に取材に出掛けた。

 本部釣り筏は50人以上で釣りのできる大型筏と、少人数で貸し切りのできるプライベート筏3基を有する県内最大級の釣り筏だ。屋根付きの休憩スペースと水洗トイレを完備していて、女性やファミリーでも安心して釣りが楽しめる。

 本部町渡久地港から出船、15分ほどで大型筏に到着した。船はピストン運行で次から次へと釣り客を運び、筏の上は多くの釣り人でにぎわった。当日は潮の流れが緩く、魚の活性が低い状況だったが各自思い思いの仕掛けで釣りを楽しんだ。東京から年に3~4回は沖縄を訪れているという星川さん親子。娘の星川ありささん(9)は前日の21日に続いて、2日連続で本部釣り筏での釣りを楽しんだ。サビキ仕掛けで、小型のタマンやガーラ、ミーバイ、40センチほどのジヤンボグルクマーやメーターオーバーのシジャーなどをコンスタントに釣り上げた。常連の宮城さんはダンゴ釣りで45センチほどのトカジャーを釣り上げて驚かれた。

 日中釣りの最終便で取材を切り上げたが、入れ替わりで夜釣りのカップルが筏に渡った。夜はタマンのほかカーエーなどが狙えるとのことだ。日中から夜釣りまで楽しめる本部釣り筏は北部のお勧めポイントのひとつだ。海生活(電話)0980(47)5349。

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


9月22日、赤野漁港で37センチ、0.94キロのカーエーを釣った東門聖也さん

8月31日、登野城漁港で116センチ、25キロのロウニンアジを釣った親川英和さん


9月23日、宜野湾漁港で60センチの太刀魚を釣った荻堂想さん

9月26日、安謝海岸で138センチ、36.5キロのロウニンアジを釣った大城貞祐さん


9月21日、宮古下地島空港で18キロのロウニンアジを釣った砂原理人さん

9月20日、読谷海岸で1.12キロのカーエーを釣った大西華那さん


9月20日、屋那覇島で2キロ弱のムネアカクチビを釣った小林梨奈さん(チームdef・f)

9月13日、前島沖で9.99キロのオーマチを釣った石川剛さん(アクアⅡ)


9月21日、伊平屋島で63.5センチ、3.33キロほか3匹のタマンを釣った山内守さんと浦崎さん

8月25日、那覇海岸で76.5センチ、5.9キロのタマンを釣った金城光さん


釣りへ行こう
関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス