地域

クワンソウ鮮やかに咲く 畑一面オレンジ色 今帰仁ざまみファーム

鮮やかなオレンジ色に咲き誇るクワンソウの花を収穫する農園関係者ら=4日午前、今帰仁村の今帰仁ざまみファーム(喜瀨守昭撮影)

 10月に入り、沖縄地方は朝夕に秋の気配を感じるようになった。青空が広がった4日、沖縄県今帰仁村上運天の今帰仁ざまみファームではクワンソウの花が見頃を迎え、畑一面をオレンジ色に染めている。

 クワンソウはユリ科の植物で、琉球王朝時代から食用とされてきた伝統的な島野菜。花はおひたしや天ぷらに、葉や茎は汁物などに入れるなどして食されてきた。

 農園ではスタッフが加工食品用に一輪一輪、丁寧に花を摘んでいた。代表の座間味栄太さん(46)は「今年はまだ五分咲きでこれからピークを迎える。なるべく電話で確認予約をしてから訪れてほしい」と語った。花摘み体験(一袋600円)もできる。問い合わせは(電話)0980(51)5182。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス