くらし

写真家・勇崎さん支援へ PIN-UP火災で作品焼失 有志が再制作費募る

勇崎哲史さん

 ギャラリー「PIN-UP(ピンナップ)」の火災で展示写真が焼失した写真家の勇崎哲史さん(71)を支援するクラウドファンディングが5日、始まった。30日までに100万円を目指す。勇崎さんは今年初めにがんが見つかり、入退院を繰り返しながら写真展の準備を進めていた。開催2日目未明に会場のギャラリーが全焼した。原因は不明。

 勇崎さんを応援しようと有志がプロジェクトを立ち上げた。勇崎さんは11月21日~2021年1月31日、名護市の沖縄愛楽園交流会館で展示会を開催する。焼失した写真を再プリントして展示する予定で、資金は作品の再制作費用に充てる。

 勇崎さんは「皆さんの熱意と支援は本当にありがたい」と感謝する。クラウドファンディングのホームページは以下のQRコードから。


ギャラリー「ピンナップ」の火災で展示写真が焼失した写真家、勇崎哲史さんを支援するクラウドファンディングのホームページのQRコード

関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス