社会

大東島で8日に暴風の恐れ 台風14号、沖縄本島は9日にも最接近

 気象庁によると、日本の南にある台風14号は6日午後9時現在、西北西にゆっくり進んでいる。今後発達しながら北西に進み、強い勢力で大東島地方に接近する。大東島地方では7日夜の初め頃から非常に強い風が吹き、8日には暴風となる見込みで、気象庁は警戒を呼び掛けている。沖縄本島地方も7日夕方から強い風が吹く見込み。最接近は大東島地方で8日午前、沖縄本島地方は9日と予測されている。

 大東島地方に接近する8日午前9時の中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルと予想。最大風速は大東島地方で8日に25~29メートル、最大瞬間風速35~45メートル、沖縄本島地方は8日に最大風速15~19メートル、最大瞬間風速20~30メートルと予想される。

 波の高さは、大東島地方では7日に8メートル、沖縄本島地方は8日に7メートルと予想され、大東島地方は7日夕方から、沖縄本島地方は8日には大しけとなる見込み。気象庁はうねりを伴った高波に警戒するよう呼び掛けている。

 台風14号は6日午後9時現在、中心気圧は990ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス