地域

嘉手納基地へ立ち入り調査要求 中城村議会 PFAS汚染で陳情採択

中城村議会

 【中城】中城村議会(新垣博正議長)は9月25日の9月定例会最終日、米軍基地に関連する有機フッ素化合物(PFAS)汚染について、嘉手納基地への立ち入り調査と汚染水から北谷浄水場への取水を止めることを求める陳情を全会一致で採択した。

 陳情は、市民団体「有機フッ素化合物(PFAS)汚染から市民の生命を守る連絡会」が提出した。

 陳情では、北谷浄水場から給水を受ける7市町村の住民に対し、PFASの血中濃度調査を国にも求めている。

 新型コロナウイルスの影響に伴う地方税財源確保や、核兵器禁止条約の署名や批准を求める意見書も全会一致で可決した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス