政治

米軍降下訓練「危険な物資投下に遺憾」 沖縄県が防衛局に抗議

降下する兵士=6日午後3時半、うるま市の津堅島訓練場水域

 6日にうるま市の津堅島訓練場水域であった米軍のパラシュート降下訓練について、県の金城賢知事公室長は7日、沖縄防衛局の村井勝企画部長に対し、同水域で訓練をしないよう米軍に強く働き掛けることを電話で抗議・要請した。米軍は6日、予定時間を超過して訓練し物資を投下するなどしており、地元からは不満の声が上がっていた。

 県基地対策課によると、金城知事公室長は「時間を過ぎてまでも危険な物資投下が行われたことは遺憾だ」などと抗議。これに対し村井部長は(1)要請内容を本省に報告する(2)米軍にも必要な申し入れを行いたいと思う―と述べたという。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス