スポーツ
釣りへ行こう

強烈な引きのカースビー

9月26日、南城市の雄樋川で40センチオーバーのカースビーを釣った宮城梓さん

 沖縄で釣りのユーチューバーとして活躍している「フィッシングギャング・アズサ」こと、宮城梓さん。リバーGTやリバーシャークなどさまざまなブームの火付け役となった彼が最近夢中になっている魚が、マングローブジャックだ。沖縄の方言でカースビーと呼ばれる魚。彼の目標は60センチを超えるのカースビーを釣ること。

 9月26日はエコギアのワームを使った実際の釣りを取材するために、ホームグラウンドの一つ、南城市の雄樋川の河口へ行った。多忙な彼と3種類の魚が釣れたら取材終了との約束をして午前7時15分から開始した。最初のヒットは7時45分、ウルトラライトタックルの竿が大きく曲がり、「ジィ、ジィ」とドラグの鳴る音が響く。危なげないやりとりで釣れたのは35センチほどのガクガク。撮影後にリリースしてすぐにヒット。今度は22センチほどのメッキが釣れた。

 「カースビーが釣れたら最高だけど」という彼の言葉通り、30分後に竿をひったくるようなアタリ。竿が大きく曲がりドラグの音が「ギィー、ギィー」と鳴った。「大きい」と彼が叫び、30秒ほどの巧みな竿さばきで抜き上げたのは、40センチを超えるカースビー。目標の60センチオーバーではなかったが、目的の魚が最後に釣れた。撮影後リリースしたら予定通り取材を終了した。彼の今後の活躍が楽しみだ。

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


10月3日、那覇一文字で60.5センチ、4.05キロのイラブチャーを釣った外間彬尊さん

10月4日、嘉手納沖で76センチ、5キロのアカジンと56センチのカツオを釣った有銘良太さん


10月3日、平安座島で24センチ、0.22キロのチヌを釣った前徳朝煌さん

9月21日、糸満漁港で70センチ、3.42キロのコロダイをハリス2号のフカセ仕掛けで釣った津波克幸さん


10月4日、宜野湾海岸で45センチ、1.62キロのカーエーを釣った小濱久孝さん

10月3日、嘉手納沖で108センチ、4.5キロのバラクーダと66センチ、4.5キロのカツオを釣った新垣心渚さんと結琉さん


9月23日、安謝海岸で71センチ、4.98キロのタマンを釣った安里和也さん

8月23日、宮城島で75.5センチ、6.13キロのタマンを釣った安里尚之さん


9月26日、慶良間沖で59センチ、2.55キロのシチューマチ他を釣った大城陽平さん

10月5日、残波岬で107センチ、6.42キロと102.5センチ、5.72キロと98.5センチ、5.06キロのマンビカーを釣った金城貴透さん


釣りへ行こう
関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス