スポーツ

準優勝の具志川商 外部から起用の喜舎場監督、母校の歴史刻む 高校野球秋季大会

喜舎場正太監督

 喜舎場正太監督が母校を初の準優勝へと導いた。3年前からコーチを務め、今年から外部監督に就任した。

 民間企業で働きながら仕事後に選手たちを指導する。コーチやトレーナーも同校OBが務め、一丸となってチーム強化を図り新たな歴史を刻んだ。

 監督が主導し「組織力」をキーワードに生活態度の改善に全員で取り組んだ。一人一人が朝礼で意見を述べる機会を設け、自主性を育むことも重視。「勤務先と学校側、どちらも選手育成について良き理解をしてもらっている。結果を残せたのはそれが後押ししてくれたおかげ」と感謝した。


▽順位戦
興南 12―11 与勝
 (延長十回タイブレーク)

▽決勝
沖縄尚学 8―0 具志川商



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス