スポーツ
釣りへ行こう

海の暴れん坊マンビカー

4日、残波沖でマンビカーを大漁した左から渡久地長幸さん、野原善輝さん、具志堅翔哉さん

 ミーニシの吹く季節になると残波岬周辺や真栄田岬周辺などでマンビカーが釣れる。引きは強く「万力」からその名が付いたという説もある。

 10月4日、嘉手納漁港から海輝丸で午前7時に出船した。メンバーは具志堅翔哉さんと野原善輝さんと、この船の常連の渡久地長幸さんの3人。午前中は、浦添沖で季節の終盤になったライチキャスティングで、イシミーバイや、ハンゴーミーバイやクチナジなどが安定して釣れた。

 午後からは残波岬沖のポイントに移動し、マンビカーの回遊を待った。しばらくしてトビウオが逃げる姿を発見した。その方向にルアーを投げ、アクションを加えながらラインを巻き取っていると、水しぶきを上げマンビカーがヒット。豪快にジャンプを繰り返し激しく抵抗する。強い引きを楽しみながら船縁まで寄せると船長が大きなタモ網で引き揚げるが船上でも大暴れした。船長が素早く、急所を刺すと、ようやくおとなしくなる。大型クーラーボックス二つが満杯になったので、帰港した。海輝丸(電話)090(9787)1570前川船長。

 9月26、27日にGFG沖繩青年部3魚種釣り大会が開催された。ウキ釣りで釣れた3魚種の魚1匹ずつの総重量を競う。27人が参加した。主な結果は次の通り。1位玉城晃4.4キロ、2位東江龍次3.13キロ、3位金城真也2.1キロ。

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


10月3日、伊江島沖で47センチのイノーアカジンを釣った並里俊さん(琉球楽釣会)

9月27日、GFG沖繩青年部 3魚種釣り大会で上位入賞した(左から)東江龍次さん、玉城晃さん、金城真也さん


9日、那覇一文字で78.5センチ・8.35キロのタマンを釣った仲村朋高さん

11日、那覇一文字で41センチ・1.13キロのカーエー他数釣りした喜屋武欣倶さん


10月6日、本部海岸で120センチ・24.35キロのロウニンアジを釣った呉屋洋行さん

11日、宜名真海岸で49.2センチ・1.83キロのイスズミを釣った照屋賢さん


4日、西原海岸と金武海岸で70.2センチ・6.21キロを筆頭にマクブを数釣りした珍福会の喜納晴紀さん、當銘由樹さん、島田尚典さん、當銘由春さん


8日、登野城漁港で133センチ・33.19キロのロウニンアジを釣った比嘉剛臣さん

8日、糸満海岸でウツボの切り身を餌に117センチ・24キロのロウニンアジを釣った具志和雅さん

9月30日、ナークゾネでアカマチや154センチ・2.3キロの太刀魚、他を大漁した三木里映子さん「南美丸」


釣りへ行こう
関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス