社会
新型コロナウイルス感染症

石垣市で患者9人が院内感染 クラスターか かりゆし病院30日まで閉鎖

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 【石垣】沖縄県石垣市のかりゆし病院は16日、県八重山合同庁舎で会見を開き、同日までに回復期病棟の入院患者9人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。院内感染によるクラスター(感染者集団)とみられる。30日まで病院を一時閉鎖する。

 15日に4人の感染が判明。16日に症状のある入院患者ら26人の抗原検査を実施し、5人の感染が確認された。16日の県発表分に5人は含まれていない。

 境田康二院長によると感染経路は不明で、無症状の職員を介してや、食堂での食事の際に感染拡大した可能性があるとの認識を示した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス