社会

楓空さん支援、目標額達成「しゅじゅつは怖いですが、元気になって帰ってきます!」

寄付した人たちへ感謝の気持ちをしたためた金城楓空さんの手紙

 小児がんでは希少な「腹膜悪性中皮腫」と診断された金城楓空(ふうあ)さん(10)=中城村=の治療費を支援しようと設立された「ふうあの会」は16日、寄付金の目標額2千万円を達成したと発表した。同会が同日公開した楓空さんの手紙では、支援への感謝の言葉と共に「しゅじゅつは怖いですが、絶対!元気になって沖縄に帰ってきます!」と手術に立ち向かう思いがつづられている。

 楓空さんは22日の手術に向けて既に上京した。手紙には「たくさんの人たちから、おうえんと、しゅじゅつ代をいただき、本当にありがとうございます!☆」と感謝した。「へんがお♡」と書いた自画像と一緒に好きな動物たちの絵も添えられた。

 寄付金は16日午後3時現在、受付口座や募金箱、おきぎんSmart募金などを合わせて、3757万128円集まっており、目標額の1・87倍に達した。寄付件数は個人2745件、法人181件の合計2926件だった。

 ふうあの会は保険適用外の治療で費用が不明のため、12月25日まで寄付を受け付けている。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス