社会

県内のコロナ状況に西村担当相が警戒感 玉城知事と電話会談し連携の考えを伝え

西村康稔経済再生担当大臣=(2020年10月1日・資料写真)

 【東京】新型コロナウイルス感染症対策を巡り、西村康稔経済再生担当相は20日、玉城デニー知事と電話会談した。西村氏は県内の新規感染者が連日30人前後で推移していることに「かなりの陽性者」だと警戒感を示した。感染者が増えている宮古島と石垣島に厚生労働省クラスター班の専門家を同日派遣し、感染拡大の防止に向け、県と連携していく考えを伝えた。

 同日の会見で西村氏が明らかにした。

 玉城知事からは、現時点で離島地域の医療提供体制や、地元の人たち同士の会合や家族内の感染が目立っているとの説明があったという。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス