政治

沖縄の自民県議団を「クラスター」認定 集団視察で10人感染

沖縄県議会

 沖縄県の自民会派県議団の少なくとも10人が新型コロナウイルスに感染した件で、県は23日夕、集団感染(クラスター)と認定した。県議団18人は今月18~21日にかけて先島地域に視察した後、22、23日両日に感染が次々と明らかになった。県によると、「視察クラスター」は全国初とみられる。

 県議団は与那国町と石垣市、宮古島市を視察し、首長や地元議員らと懇親会を開催していた。県によると、視察という行動自体をクラスターとして認定したという。

 23日に陽性が確認された議員は次の通り。22日には座波一氏の感染が明らかになっている。
 新垣淑豊氏(45)、島尻忠明氏(54)、西銘啓史郎氏(62)、大浜一郎氏(58)、又吉清義氏(62)、末松文信氏(72)、中川京貴氏(58)、照屋守之氏(64)、仲田弘毅氏(72)
【琉球新報電子版】


宮古島市で下地敏彦市長(左)らと意見交換する沖縄・自民の県議ら=20日、宮古島市役所

関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス