社会

海中道路「あやはし館」入居企業、不服審査の請求取り下げ

海の駅あやはし館

 【うるま】うるま市与那城屋平の海の駅あやはし館で特産品店を経営する「あやはし」は28日までに、うるま市に請求していた行政不服審査を取り下げた。同施設指定管理者の「出雲会館沖縄」が4月以降の施設使用許可を出さなかった処分を不服として、あやはしは1月に審査請求していた。

 取り下げ理由について、あやはしは「うるま市議会で(出雲会館の)指定管理を市が取り消す方針との答弁があった。この答弁で、不服審査請求が必要なくなったと判断した」と説明した。9月のうるま市議会では、施設所有者の市が指定管理を取り消す方針を示した。「不適切な施設管理や多数の指示違反などの事案があった」と答弁した。

 市は昨年12月以降、数度にわたり、あやはしへの不許可処分を取り消すよう出雲会館に指示していたが、従わなかったという。出雲会館は「不信感が募った。われわれが正しいとの審査結果が出る可能性があるから取り下げたのではないか」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス