地域

北谷町制40年「さらなる発展に取り組む」 記念式典、功労者の表彰も

「北谷町のさらなる発展に全力で取り組みたい」と語る野国昌春町長=13日、町桑江のちゃたんニライセンター

 【北谷】北谷町制施行40周年記念式典が13日、町桑江のちゃたんニライセンターで開かれた。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため規模を縮小し、野国昌春町長や関係者ら約150人で静かに祝った。また町勢発展や社会奉仕活動、文化振興などに尽力した個人と団体が功労表彰を受けた。

 野国町長は「節目の年を機に誰もが安心して暮らせる町を町民とともに築き、本町のさらなる発展に全力で取り組みたい」と式辞を述べた。町議会の亀谷長久議長も、安心安全なまちづくりの発展に「議員一同決意を新たに一層の努力を重ねる」とあいさつした。

 功労者は次の通り。(敬称略)
 【自治功労】中村重一、稲嶺盛仁、大嶺勇、洲鎌長榮、金城紀昭、喜友名朝光、仲村文勝、名幸芳正、棚原和芳、山城照子、仲地明吉、大城操、照屋英雄、伊波興治、米須義雄、真壁朝光、仲村渠美佐子、新里因盛、仲栄真盛一
 【文化功労】濱崎清昌、山川昌榮、源河節子、比屋定昇、山城信男
 【善行】北谷町まちづくり研究会、海邦、森山朝信、せんだんの会

※注:真壁朝光氏の「真」は、「眞」の「ヒ」が「十」



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス