社会

ハロウィーン 北谷町美浜、仮装姿の人々で混雑 警察や町、混乱を警戒

若者や親子連れ、外国人らが集まった北谷町美浜のアメリカンビレッジ=31日

 【北谷】ハロウィーンに当たる31日夜、北谷町美浜のアメリカンビレッジ周辺は仮装姿の若者や親子連れ、外国人らで混雑した。例年、同地域ではハロウィーンの大規模なイベントが開催されるが、県内での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中止になっていた。周辺道路では渋滞も発生。午後10時を過ぎても大勢の人の姿があった。

 美浜アメリカンビレッジ事業者会は、新型コロナの感染防止の観点から、同日に開催予定だった「ハロウィンフェスタinミハマ」の中止を決定した。一方、町は大勢の来訪者による混乱を警戒し、周辺地域の警備を委託。県警も周辺道路で検問を実施するなど、警戒に当たった。

 那覇市から訪れた10代の男子学生は、仮装しマスク姿で友人らと散策。「イベントは中止と知っていたが来てみた。感染予防しながら楽しみたい」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス