政治

鹿児島県・馬毛島への自衛隊基地建設 市長は同意せず 防衛相と会談

岸信夫防衛相(前列中央)に馬毛島への基地建設に「同意できない」とした所見の文書を手渡す八板俊輔西之表市長(右)=9日、防衛省

 【東京】鹿児島県西之表市の八板俊輔市長は9日、防衛省で岸信夫防衛相と会談し、米軍空母艦載機による陸上空母離着陸訓練(FCLP)の移転候補地となっている馬毛島(同市)への自衛隊基地建設について、市民の理解が得られていないなどとして同意できない考えを正式に伝えた。これに対し岸防衛相は在日米軍の基地政策に協力する自治体に支給する米軍再編交付金を2022年度予算に計上し、基地の整備を進めていく考えを示した。

 冒頭を除き非公開だった会談後、八板市長は「(計画を)やめるという雰囲気ではなかった」と感触を語った。「考えをしっかり伝えることができた」と述べた上で「引き続き理解を求めていくということだった。それを拒むことはない。賛成派も反対派も情報をほしがっている」とし、国との意見交換を続ける考えを示した。

 岸氏は、騒音問題で地元理解を得る策として、航空自衛隊の戦闘機を実際に飛行させることや、FCLP訓練が行われている硫黄島の視察を提案した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス