地域

「ヒマワリで元気スポットに」 琉銀北中城支店 400輪が咲き誇る

「ヒマワリで癒やされてほしい」と語る琉球銀行北中城支店の職員=10日、同店

 【北中城】琉球銀行北中城支店入り口に咲く、ヒマワリが見頃を迎えている。地域住民に指導を受けて7月から行員で植栽を始め、現在は道沿いに約400輪が咲き誇っている。亀島健二支店長は「ヒマワリで有名な北中城の新しい元気スポットになれば」と語った。

 新型コロナウイルスの感染拡大で接客機会が減る中「どうにかして明るい話題を」と育て始めたのがきっかけ。4~6種類を時期をずらして植栽したことで、開花時期がそれぞれ異なり、来年の正月ごろまで開花を楽しめるようになっている。顧客からも「元気になれるね」と会話にも花が咲くという。

 また、ヒマワリの植栽のために整えた花壇を見た地域住民から、他の花の種の差し入れも届くようになった。ハイビスカスやクロッカスにバラ、アメリカンブルーなども楽しむことができる。

 土日も水やりのために出勤しているという亀島支店長は「近くの保育園児が散歩中にヒマワリを見てうれしそうにしていたり、写真を撮る人もいたりして、本当に植えて良かったなと思う」と笑顔で話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス