スポーツ

西武山川の恩師、盛根氏が新設ウェルネス大の監督就任へ 沖縄・浦添商で甲子園4強

盛根一美氏

 学校法人タイケン学園は13日、2021年4月に沖縄市に日本ウェルネススポーツ大学沖縄キャンパスを新設し、同キャンパスの硬式野球部監督に元浦添商高監督の盛根一美氏(68)が就任すると発表した。

 那覇市出身の盛根氏は、宮古高校を皮切りに那覇商業、浦添商業、南部商業、中部商業で監督を歴任。浦添商業時代に3度甲子園に出場し、1997年夏にはベスト4へ導いた。教え子にはプロ野球西武の山川穂高(中部商出)がいる。2012年に定年退職後は福岡第一高校で監督を3年半ほど務め一線を退いていた。

 盛根氏は大学での監督就任にあたり「沖縄の学生と共に野球を追求していきたい」とコメントを出した。
 大学は日本ウェルネス高校沖縄校と同じ場所に開校する。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス