政治

下地氏の復党は認めず 自民県連が決定 近く党本部が可否を判断

自民県連が復党を認めない決定を出した下地幹郎氏

 自民党県連(中川京貴会長)は15日、那覇市の県連会館で常任総務会を開き、10月30日に復党願を提出していた下地幹郎衆院議員=無所属=の処遇について、県連として復党を認めない方針を決めた。近く、党本部に今回の決定事項を報告する。党本部は県連の意向を踏まえて下地氏の復党の可否について最終判断する。

 下地氏の復党を巡っては県内経済界の一部から「保守合同」に向けて復党を求める署名などが県連に提出されていたが、県連として保守合同と下地氏の復党は別問題だと判断した。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス