社会

緑ヶ丘保育園で105デシベル FA18機、普天間に13日飛来

米軍普天間飛行場に飛来したFA18ホーネット戦闘攻撃機2機。左は5日からとどまっていた機体=13日午後2時12分、宜野湾市内

 【宜野湾】13日に米軍普天間飛行場へ飛来した外来のFA18ホーネット戦闘攻撃機について、最大105・8デシベルの騒音を記録したことが16日までに明らかになった。琉球大学の渡嘉敷健准教授(環境・音響工学)の騒音測定によると、北側へ離陸し、13日午後3時23分ごろ緑ヶ丘保育園で記録した。また普天間第二小では103・4デシベルを記録した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス