辺野古の新基地建設に抗議の声 海上にカヌーや抗議船が集結

海上で抗議行動を行う辺野古新基地建設に反対する人たち=21日午前9時50分、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸

 【辺野古問題取材班】名護市辺野古の新基地建設を巡り、ヘリ基地反対協議会の海上行動チームは21日午前、埋め立て工事が続く米軍キャンプ・シュワブ沿岸で海上抗議集会を開いた。カヌー約30艇と抗議船6隻、ボート2隻に分乗した人たちが、基地建設の中止を訴えた。

 集会では参加者らが海上行動アピールを決議した。アピール文では国に対し、「不要不急」である新基地建設は中止することや、新型コロナウイルス対策に全力を挙げることなどを求めている。

 抗議集会は辺野古崎のK8護岸沖合で開かれた。この護岸には運搬船が接岸し、埋め立てに使う土砂を基地内に運び込んでいた。集会参加者はカヌーや船から「基地を造るな」「民意を守れ」などとシュプレヒコールを挙げ、作業員や警備を続ける海上保安官や警備員らに抗議していた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス