スポーツ

バスケットWリーグオールスター ルーキー知名が東地区3位で選出 安間も2年連続

(左から)知名祐里、安間志織(Wリーグ提供)

 女子バスケットボールWリーグは26日、オールスター2020―21(21年1月24日・国立代々木第二体育館)の出場選手を決めるファン投票最終結果を発表した。シャンソンのルーキー知名祐里(西原高出)が4783票で東地区3位、トヨタ自動車の安間志織(北谷中―福岡・中村学園女子高―拓殖大出)が4439票で西地区5位に入り、それぞれ選出された。オールスターへの出場は知名が初、安間は2年連続2回目。

 チーム分けは、今後各地区最多得票者の町田瑠唯(富士通)と本川紗奈(デンソー)のドラフト会議で決定する。リーグ推薦選手を含めたチーム編成は12月4日正午に発表予定。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス