スポーツ
釣りへ行こう

半日でも楽しめるエギング

11月19日、読谷沖で0.6~2キロのアオリイカを半日で30杯近く釣った、左から池原諒さん、小渡祥平さん、仲村渠永さん、井上金次郎さん、山城真之介さん

 前回に引き続き11月15日、19日に読谷沖のエジング(スーパーディープエギング)に同行し取材した。半日コースで午後1時に嘉手納漁港を出船、20分ほどで読谷沖のポイントに着いた。乗り合いのメンバーは常連で顔見知りとあって和気あいあいとした雰囲気で釣りを始めた。

 10分ほどで井上さんが釣ったのをはじめ、0.6~1.5キロのアオリイカがコンスタントに釣れたが、ベテランのメンバーには型が不満。午後3時30分を過ぎた頃から型、数ともに釣れるようになり、ダブルヒットやトリプルヒットを連発し、3回ほど全員がヒット。30杯前後が釣れ、あっという間に午後5時の納竿(のうかん)時間になった。海輝丸の前川船長(電話)090(9787)1570。

 21日にはオーパFCのメンバーで伊是名沖までグルクン釣りに出掛けた。波が高く、伊是名島の島裏で釣りを始めた。サビキ仕掛けを下ろすとすぐにグルクンが釣れたが、釣れる棚が底近くで釣れたり、底から10メートル上で釣れたりと安定しない。

 ハリスを16号まで落として、グルクンを餌に仕掛けを下ろしたメンバーには3~4キロほどのナンヨウカイワリが釣れた。その他、フカセ釣りでは中型のタマン数匹やカツオなどが釣れた。第一大盛丸の沢岻船長(電話)090(4344)3777。

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


11月22日、ウテンダで53センチ・2.2キロのニシキブダイを釣った渡慶次竜士さん

11月8日、北谷海岸で70.4センチ・2.54キロのコチを釣った嘉手納恒さん


11月18日、平安座島で42センチ・0.92キロのタマンを釣った宮里和夢さん

11月8日、本部海岸で44センチ・1.12キロのムネアカクチビを釣った島袋レイさん


11月18日、那覇海岸で58センチ・3.75キロほか1匹のミーバイと41センチ・1.58キロほか2匹のガラサーミーバイを釣った仲間正也さん

11月20日、慶良間の磯で62センチ・2.96キロのカツオと、74センチ・6.46キロのアカナーを釣った當山正宙さん


11月13日、ハンビー海岸で44.5センチ・1.4キロのチヌを釣った吉長治一さん

11月22日、勝連海岸で58.6センチ・3.17キロのタマンを釣った高野翔矢さん


11月21日、伊是名沖で2~4キロのカツオやカイワリを釣った左から幸地泰成さん、仲村渠房人さん、大城健さん(オーパFC)

11月20日、浜比嘉島で60センチ・4.01キロのミーバイを釣った國吉啓さん(チーム零式)

釣りへ行こう

小6が7.18キロのアカナー

2021年2月19日 16:52

ハイサイ探偵団が大釣り

2021年2月5日 18:09

石川漁港で人気魚3種

2021年1月29日 17:51

乗っ込みチヌの季節到来

2021年1月22日 16:10
関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス