スポーツ
釣りへ行こう

タチウオ釣りシーズン

11月26日、泡瀬漁港でタチウオを釣った城寺海冴さん(左)、玉城錦介さん

 立って泳ぐ姿から立魚と呼ばれたという説と、その姿形が太刀に似ているから太刀魚と呼ばれたという説があるタチウオ。秋から冬にかけて各漁港で釣れる。群れに当たれば初心者でも簡単に釣れ、食べてもおいしいので人気の魚種の一つ。釣れる時間帯は朝マズメや、夕マズメ、夜間とポイントや季節によって異なる。釣り方はさまざまで、テンヤ仕掛けにスルルーを巻き付けてた仕掛けや、ジグヘッドにワームを装着した仕掛け、ジグやミノー、バイブレーションなどのルアーを使った釣り方が一般的。だが、最近はウキ釣り仕掛けで狙う人も増えてきた。

 11月26日の夕方、タチウオの情報を収集しながら訪れた泡瀬漁港では、多くの釣り人が竿を出していた。何人か顔見知りがいたので最近の泡瀬漁港の状況を聞くと、午後4時頃から釣れ始め、日没前後に入れ食いすることが多いそうだ。

 その言葉通り、日沈前になるとあちらこちらで竿の曲がる様子がみられた。数釣っているのは、スルルー餌のテンヤ釣りの人や、ジグヘッドにワームの仕掛けをしゃくるワインド釣法と呼ばれる釣り方をしている人、バイブレーションというルアーを使っている人たち。安定して釣れていた。

 そのほか、タチウオが釣れる棚を探るのが数を釣るコツだと教えてくれた。コロナ対策をして、マナーを守って安全に釣りを楽しみましょう。

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


11月18日、慶良間沖で90センチ・12.5キロのイヌバーをテンヤ仕掛けで釣った譜久山晃さん(アクアII)

11月15日、石垣島赤灯ポイントで61.5センチ・3.2キロのトカジャーを釣った小底正之さん


11月18日 具志頭海岸で105.7センチ・1.2キロのタチウオを釣った渡嘉敷真康さん

11月26日、宜野湾海岸で45.5センチ・1.45キロのミナミクロダイを釣った真栄田知将さん(魚軍団)


11月15日、伊是名島で141.5センチ・33キロのロウニンアジを釣った玉寄誠さん

11月15日、大宜味海岸で43センチ・1.32キロのミナミクロダイを釣った川端勝巳さん


11月25日、伊江島で44.5センチ・1.48キロのカンムリベラと39センチ・0.89キロのヒロサーを釣った前徳朝煌さん

11月22日、糸満沖で87センチ・6.5キロのホシカイワリを釣った恩田荘さん(セイブV)


11月29日、名護海岸で1.84キロのアオリイカを釣った田嶋文賀さん

11月29日、北谷海岸で64センチ・3キロを筆頭に6匹のタマンを釣った徳元将太さん

釣りへ行こう

小6が7.18キロのアカナー

2021年2月19日 16:52

ハイサイ探偵団が大釣り

2021年2月5日 18:09

石川漁港で人気魚3種

2021年1月29日 17:51

乗っ込みチヌの季節到来

2021年1月22日 16:10
関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス