社会

かわいい!メークと衣装で全国最高賞 川満海依さん ラナンキュラスモチーフに贈り物を表現

 「第17回全国理美容学校kawaii選手権大会」(日本メイクアップ連盟主催)が11月28日に開催され、ビューティーモードカレッジ(那覇市)2年の川満海依さん(20)=宜野湾市=が「かわいい部門」で最高賞の文部科学大臣賞に輝いた。受賞は県内初。大会は、美容学生が制作衣装やメークなどでモデルの個性を引き立てる技術を競うもので、新型コロナウイルスの影響を踏まえ今回はオンラインで開催された。


文部科学大臣賞に選ばれた川満海依さん(右)と、衣装やメークなどを手掛けたモデルの金城恵理奈さん(提供)

 川満さんは「純潔」の花言葉を持つラナンキュラスをモチーフに、花びらが幾重にも重なるさまや、作品を多くの人に届けたいという贈り物のイメージを表現。「制作期間がとにかく楽しく、結果もついてきてうれしい」と受賞を喜んだ。

 同校からは川満さんを含む4人が出場し、宮城美羽さん(20)=本部町=が「かわいいウエディング部門」で2位に当たる全国専修学校各種学校総連合会会長賞、「かわいい部門」で又吉知恵さん(20)=うるま市=が専門学校新聞社賞を受賞した。

 宇宙をイメージしたウエディングドレスを制作した宮城さんは「プリーツ(ひだ)を縫うのが大変だったが、自信はあった」と語り、「バーチャル妖狐」をテーマに掲げた又吉さんは「キツネがテーマの作品が他にもあり不安だったが、選ばれたときは信じられず固まってしまった」と振り返った。日本の着物ウエディングの鳥のモチーフを洋風に表現した金城美咲さん(20)=沖縄市=は「メークや舞台でどう輝かせるかとか、いろんなことが勉強になった」と話した


ビューティーモードカレッジの(右から)宮城美羽さん、金城美咲さん、文部科学大臣賞の川満海依さん、又吉知恵さん=4日、那覇市東町の同校


関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス