地域

沖縄市の食材使ってアイデア料理 美里工高の生徒が試食会

人気のカレーを振る舞う生徒ら=5日、県立美里工業高校

 【沖縄】沖縄市の農畜産物を使用し食で地域を盛り上げようと美里工業高校調理科3年生(28人)は5日、「地域応援プロジェクト大試食会」を中部ファーマーズマーケットちゃんぷるー市場で開いた。

 調理課担当の外間あかり教諭の指導で6月に地域の生産農家から話を聞き、4チームがアイディアメニュー製作に取り組んだ。「第9回ご当地!絶品うまいもん甲子園」で全国2位に輝いた「ぬちぐすいカレー」などの4品を振る舞った。各チームは料理のレシピも配った。

 にぎらない「島ーサンおにぎり」を提供した當山愛乃さん(18)は「豚熱があったので、市産豚のロースかつを具にしたおにぎりを作った。あっという間になくなり、おいしいと言ってくれたのがうれしかった」と話した。

 沖縄市内から家族で訪れた眞栄城吾門さん(6)は「タコス味のカレーがおいしかった。お母さんにも作ってほしい」と笑顔で話した。 (喜納高宏通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス