社会

「熱いビール」コザ騒動をイメージ クリフビールが限定販売

 沖縄市比屋根にある「クリフビール」の宮城クリフさん(52)はこのほど、50年前の「コザ騒動」をイメージしたビール「UPSET FIRE(混乱の炎)」を製造した。19、20の両日、市中央のハムとソーセージ専門店「テシオ」で限定販売する。宮城さんが描いた水彩画の個展も開催されている。

 ビールには島とうがらしを使用。沖縄住民の“熱”を表現した。

 宮城さんは「目と味で当時を疑似体験してほしい」と話した。(沖縄)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス