政治

玉城知事、一括交付金減額は「残念」 予算全体は「3200億円確保」に感謝

玉城デニー知事

 玉城デニー知事は21日、政府が2021年度の沖縄関係予算を3010億円と決定したことを受け、「国の財政状況が厳しい中、第3次補正予算に計上された公共事業関係費を含めると約3200億円が確保された。沖縄関係税制7項目全てについて延長が認められご配慮いただいたことに心より感謝する」などとするコメントを発表した。一方、創設以来初めて1千億円を割った一括交付金については「前年度より減額となったことは残念だ」とした。

 国が20年度第3次補正予算案と21年度予算案を「15カ月予算」と打ち出したことを受け県は沖縄関係予算は事実上3200億円台が確保できたと捉えている。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス