社会

「お墓って遊び場じゃないの?」 全国ポスターコンテスト 琉大4年の仲本さんが最優秀

仲本さんの作品「お墓は怖い場所じゃない」(クリエイターズマッチ提供)

 デザイン経験の有無を問わず、アイデア重視で誰でも応募できるポスターコンテスト「Rethink Creative Contest」(クリエイターズマッチ主催)で「清明祭(シーミー)」をテーマにした琉球大学4年の仲本莉里歌さん(21)=宜野湾市=の作品「お墓は怖い場所じゃない」が最優秀賞に選ばれた。15日、東京都渋谷区にある東京カルチャーカルチャーで授賞式があり賞金50万円が贈られた。

 同コンテストのテーマは「あなたに縁のある地域をRethink(視点を変えて物事を考える)して、その地域の魅力を今までにない切り口でアピールする」。全国から469点の応募があった。

 最優秀賞の「Rethink PROJECT賞」に選ばれた仲本さんは、家族・親族で集まって墓参りをする清明祭をテーマにした。米国留学中に知り合った日本人に清明祭について話す機会があり、沖縄の文化が知られていないことに気付き、制作のきっかけになったという。米国からは新型コロナウイルスの影響で今年3月に帰国した。

 元々、絵を描くことが好きだったという仲本さんはコロナ禍の外出自粛で自宅にいる時間を利用して同コンテストに挑戦した。作品について「自分が幼いころは、お墓はごちそうを食べたり、同世代の親戚と会ったりする場所だった。全国にもその地域にしかない文化がある。そこに魅力を見つけて楽しんでほしい」と話した。


仲本莉里歌さん(クリエイターズマッチ提供)

関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス