社会

新年りゅうPON!3日付題字コンテスト 本部中3年の梅北さんが最優秀賞

梅北新菜さん

 新報小中学生新聞「りゅうPON!」の新年の紙面を飾る「第10回りゅうPON! 題字コンテスト」の最優秀賞に本部中3年の梅北新菜(にいな)さん(15)の作品が選ばれた。審査員でイラストレーターの小谷茶(コタニティー)さんから「配色が素晴らしくセンスが抜群」と高い評価を受けた。梅北さんの作品は1月3日付「りゅうPON!」1面の題字に採用され、他の受賞作品も同日の紙面で紹介する。

 今回は、小中学生から1263点の応募があった。那覇市泉崎の琉球新報社で7日に審査会が開かれ、最優秀賞のほか優秀賞8点、審査員賞2点、特別賞35点の計46点を選出した。

 美術部に所属し、風景画や動物の絵を描くのが好きだという梅北さん。今回の作品について「目を引くよう強い色を対比させた。りゅうちゃんが新聞を作っているところを描いた」と話した。受賞について「とてもうれしい。将来はデザインとプログラムを学んでウェブデザイナーになりたい」と笑顔を見せた。

 優秀賞、審査員賞の受賞者は次の通り。(敬称略)

 【優秀賞】上地結(大浜中2年)、大城ひなた(糸満中2年)、友寄遥(本部中2年)、米盛羽希(はの)(大浜中1年)、新城美姫(みつき)(島袋小6年)、中村天架(てぃんか)(安和小4年)、溝江茉桜(まお)(与那国小6年)、山城凛奈(古堅小5年)

 【審査員賞】大泊彩菜(北中城小6年)、伊是名律香(のりか)(本部中2年)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス