社会

沖縄で強風 多良間村で史上最大の24メートル 大みそかも風強い予報

強風が吹き荒れる中、寒そうに身を縮める通行人ら=30日午後、那覇市牧志の国際通り(大城直也撮影)

 沖縄地方は30日、前線や大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で荒れた天気となり、各地で強い風が吹いた。

 南城市糸数で午前6時17分に26・4メートル。渡嘉敷村渡嘉敷で午前7時25分に26・2メートルの最大瞬間風速を記録。多良間村仲筋で午前5時、12月の観測史上最大となる24・2メートルの最大瞬間風速を記録した。

 午前6時16分に23メートルの最大瞬間風速を記録した那覇市では午後も強い風が続いた。牧志の国際通りでは強い風にあおられながらバスを待つ買い物客らの姿が見られた。

 沖縄地方は大みそかの31日も強い風が吹く見込みだ。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス