社会

海保職員や県職員、サンエー 沖縄でコロナ感染確認相次ぐ【1月3日朝まとめ】

 第11管区海上保安本部は12月31日、那覇海上保安部所属の40代男性職員と、石垣航空基地所属の40代男性職員の2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。保健所が濃厚接触者の有無を調査している。

 県土木建築部は1日、本庁10階に勤務する40代男性職員の感染を発表した。窓口で応対した来庁者はいない。

 サンエーは1日までに大湾シティの食品フロア従業員とハンビータウンのテナント従業員の2人の感染を発表した。いずれも施設内の消毒を終え、保健所と確認の上、営業を継続している。客や従業員に濃厚接触者はいないとしている。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス