国際

日系文化フェスで理解深める ペルー日系人協会がSNSにバーチャル形式で開催

第7回日系文化フェスティバルで披露された琉球舞踊

 第7回日系文化フェスティバル(ペルー日系人協会主催)が12月8日から13日まで日秘文化会館のフェイスブックページで、バーチャル形式で開催された。同フェスティバルは例年4月に開催されているが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため国家緊急事態令が発令され、延期されていた。

 8日は日本料理レストランのシェフや経営者が「ペルーにおける日系料理の融合」について語る映像を配信した。ラーメン店やすし店を営む沖縄県系人経営者らも登場し、それぞれが創業や日系料理の開拓について意見を述べた。

 9日は日系人音楽グループ「Cuerda Nikkei(日系の絆)」による歌のコンサートが行われた。中城村系3世の金城沙織さんがゲストで登場し、花や涙そうそうなどを披露した。10日は第4回若手日系人アートサロンを実施し、デザイナーや彫刻家、画家らが作品を発表した。11日は柳清本流柳清会ペルー支部(与那嶺エリカ支部長)の琉球舞踊ショー「Amaudui(天舞)」の映像を上映した。

 12日は日本昔話の朗読、13日はぺぺ・カバナ氏による紙芝居が配信された。
(安里玉元三奈美通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス